LOG
TOPへ


▼2018.06.26▼

 以前に書いたような気がしなくもないのですが、今回も改めて書いていきたいと思います。
  最近、コンシューマゲーム然りスマホゲーム然り、時間が掛かる事が前提のデザインになっている気がします。勿論それだけボリュームがある、やりこむ余地 があると言った事ですので決して悪い事ではないのだと思うのですが、逆に言えばそのゲームを遊びきるにはそれだけの時間が必要と言う事になりますのでもう おっさんに近い僕はどうしても手を出すのを躊躇ってしまいます。どの道何時間もゲームしとるやんけと言われたら返す言葉がないのですが、「気づけば何時間 も遊んでいる」と「クリアするのに何時間も必要になる」と言うのは違う気がするんですよね。この辺りの線引きは曖昧と言うか難しいところですのでコレが正 解だ!と言うのは無い気がしますね。
  なのでうちで公開しているジャッジメントデイとinsaneは長くても60分でクリアできるように作りました。勿論あまり長くしすぎると僕一人ではどう しようもなくなってしまう、と言う側面もあるのですがこのご時勢に無料で遊べるゲームが沢山ある中で、無名の人間が作った作品に何時間も割いて頂けるのか と言うと中々難しい気もするのです。ならば短めの作品を積極的に出して行こう、と言う形になり現在二つの作品を公開しています。
  ジャッジメントデイは、サービスが終了したゲーム「バニッシュメントデイ」から大きくインスピレーションを受けています。ロボットが敵、近未来が舞台 だったりと共通点もいくつかあります。まんま同じではなく、僕なりに好きな要素を追加して出来上がったのがジャッジメントデイです。
  一方、insaneは露骨にダークソウルを意識していますね。コマンド式RPGであの緊張感を出すのは中々に難しいので、開発側が管理するリソースを減 らして、ユーザーは限られたリソースの中でゲームを進めて行くデザインにしました。とは言うものの、「限られたリソースでゲームを進める」と言うアイデア は何年も前からパッと思いついて居まして、アイデアを形にする土台がなく、ダークソウルに触れた事でダークファンタジーと言う世界観にアイデアを落とし込 むことが出来ました。
 どちらも自己満足に過ぎない物なのですが、少数ながら遊んで頂いた上に感想も頂けて本当に嬉しく思っています。

 と言うことですので現在insaneのアップデートをシコシコと進めています。レイピア系が強すぎたので下方修正と言う憂き目に。
 あとはより雰囲気を出すためにアイテムのテキストとか一新しました。おかげで作業量が凄かったです。

▼2018.06.22▼

 本来であれば、今月は更新しないつもりだったのですが書いておかねばと思い更新しています。
 このサイトで書いたかどうか記憶が定かではないので改めて書くのですが、僕は生まれも育ちも大阪です。で、大阪と言えば今週は地震のせいで緊張が高まっていますね。
 ご存知の方は大変多いかと思いますが、ここ何年かは大阪と言う場所は自然災害と縁がありませんでした。地震もあまり来ませんし、台風も直撃コースだといいながらほぼ毎回逸れるレベルです。
  ですが地震と言う現象はこの日本と言う国では避けようがありません。南海トラフ大地震や、地層のゆがみなどと色んな情報が飛び回っていますが、いずれに せよ大事なのは地震と言う自然災害は止めることができず、大小関係なしに必ず起こりうるということと、それに対して備えを欠かさないようにする、と言うこ とです。
 恥ずかしい話、そういった防災意識はほとんど無く、全く備えがありませんでした。なけなしのお金を使って少し備えた程度です。これでも無いよりは……程度でしかありません。
 分かっているのは地震が来るだろうということで、いつ来るのか、どの規模なのかは一切分かっていませんし、予想するだけ無駄でしょう。備えは日ごろから準備しておけ、と言うことです。
  買い物に出かけると周りの人が普段どおり過ごしていて不安になりました。どうせ大丈夫だろうと思っているのか、そもそも備えがあるのか。地震があった翌 日にホームセンターに出かけましたが防災用品のコーナーに居たのは一人の男性だけでしたし、物もあまり減っていませんでした。
 いずれにせよ、来週までは警戒しておいたほうがよさそうです。