LOG
TOPへ


▼2018.02.26▼

 触れた記憶がないので書いておこうと思うのですが実はミニ四駆はじめてました。いわゆる復帰ですね。
 以前にも書いたように僕はミニ四駆の直撃世代(所謂第二次ブーム。フルカウル世代)で、本当にバリバリやってました。公式大会とか出てましたからね。
 当時の公式大会は流行りすぎてハガキで抽選するという手段をとってましたね。初めて送ったときは父親と僕と兄で送ったんですが僕の分だけ戻ってこなかっ たというあまりにも悲しいオチだったのも覚えてます。当時は泣くというかまじっすかって感じでとりあえず驚きと困惑しかなかったです。
 さて、当時は当時で色々考えてパーツ付けたりしてたと思うんですが、現代ですとパーツそのものもマシンそのものも基礎スペックが上がりすぎててとりあえず早い。適当にやっても昔の早いマシンぐらいの感覚。早い人はもっと早いというハイスピードな環境。
 スピードを上げるように弄るとコースアウトするし、かと言ってしないようにすると遅くなると言うジレンマ。昔と違ってコースのレイアウトが複雑であった り距離が長いといった要因もあるのでしょうが早く走らせるのが本当に難しい。20年近く過ぎてるわけなので当時の記憶や知識なんて役に立つわけもなければ 曖昧なので意味を成さない。それゆえに奥が深くて面白いわけなんですけども。

▼2018.02.23▼

 次は30日前後まで更新する気はなかったんですが、更新するネタが出来たので即日更新。
 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1+が元々発表されていて昨日に公式サイト公開になったそうです。
 で、店舗特典が発表されたんですけど、現在発表されてる6個中5個にノワールさんが居るというもはや主役は誰やねん状態。いやまぁシリーズ重ねるごとにだんだんノワールさん好きになっていったけど特典のために買うほどではないかなぁと言う感じですね。結局はゲーム内容次第なんですけど、そのまんまの移植になりそうでちょっとなぁ。
 なのでノワールさんにお仕置きしときました。極めて健全な画像です。
(クリックorタップで拡大)

 撮影に使ったゲームはエロゲーですがチンもマンもパイも移っていない極めて健全な画像です。一応は全年齢対応のサイトですからね。割とお世話になってるゲームですのでおすすめですよ。

▼2018.02.22▼

 最近のPSO2をちまちま遊んで思うんですが、やっぱりこのゲームの最大の失敗は緊急クエストって仕様だなと。
 いまどきのソシャゲでもゲリラクエストなどと言った時間限定のクエストなんかはありますが、僕の知ってる範囲では行かなければゲームすらままならないと 言うのは知りません。(もしかしたらあるかもですけど)ただこのPSO2は全部が緊急クエストに傾いてる。レベル上げもレア狙いも全部。
 一応最高レアリティの星14に関しては緩和する方針のようで対応もされているのですが、これも各所で言われてるように今更感が拭えない。一番の致命点と しては使う場所がないところか。星13の武器で充分ですし、その星13すらコレクトシートと言う仕様で(簡単に言えばお題表。指定された敵を倒してゲージ を上昇させていく)取れてしまう。まぁ自己満足の話ですので使うところが無いというのはちょっと無粋かも知れない。
 どうにもこのゲームの目指している先が分からない。何がしたいんだろうか。上級クラス出るからと既存のクラスを下方修正しておいて結局は上方修正すると いう僕ごときの脳みそでは理解できないこともしていますし。僕の好きな個人ブログさんで仰られていましたが批判しても「〜〜で、〜〜だからだよ」とか言わ れてたいたのに最近は「嫌ならやめろ」としか言われなくて寂しいと。過疎と言ってもアクティブ25000でネトゲだと充分な方なんでしょうけど、2年前は 130000人居たんですよね。
 正直いって元々ゲームの空気は良くなかった。排他的な雰囲気がとてもあるし、装備がその人に気に入られなければ寄生や地雷扱いされたりと民度が低い。 まぁそもそも僕は日本人の民度がゴミ以下だと思ってますんでこういうモンかなぁと言う気がしなくもない。どのゲームでもそうだけどとにかく何が何でも人の 悪いところを探し出してつるし上げようとする。
 前も言った気しますが今のインターネットの雰囲気は異常と言うか怖い。普通に遊んでるだけでも変なのに絡まれるんですよ。昔から居た気はしますけど、今 ほどは居ない。これが何を言うのかと言うと全体的な民度の低下ですね。もちろん、全員が全員とは思いませんけど頭のおかしい人とキッズが多すぎる気する。 ネットの若年層化が進んだ弊害なんでしょうか。

 さて、真面目な話しはさておいて。現在開発中のジャッジメントデイEP2ですが、その場の思いつきでEP2にまるまるEP1を同根と言うかまるまる移植することにしました。
 なぜかと言うとプレイヤーの心理としてたまたま興味を持ったけど前作をやってなきゃ駄目だという事は割りと致命的でフリーゲームとは言えわざわざまたダ ウンロードしてプレイする手間がある。ダウンロード数を稼げるならそれでいいんでしょうけど、普通にプレイヤーの立場で考えるとすっごい面倒くさい。なの で前作をプレイしてない人にも興味を持って貰えたらな……と言うことで手間暇をかけてまるまる移植しています。(作業は9割ぐらい終わった)
 前作をプレイした人は普通にEP2をプレイすればいい訳ですしね。一応移植にあたって気づいた限りの誤植・誤字などの修正や一部の会話のやりとりをチョ ロっと変えています。リメイクと言うには少々大げさですが。またベースとして使っているものがEP2基準なのでEP1のアプデで無理矢理変えた時と違い、 幾分か遊びやすくなっているかなと思います。と言っても引継ぎ要素とかはありませんし、プレイして頂いた方にもう一度わざわざプレイしてもらう程の物では ないです。あくまでEP2を公開したときに興味を惹かれた方のために……と言った感じ。

▼2018.02.18▼

 前回にゲームを公開して頂いた意見で「理解は出来るけど展開が急すぎるかも」と頂いたんです。実際その通りで 短くまとめすぎようとしてこうなってしまったので、今回は無理して短くする必要はないなと思ったので今回は尺を長めに取る方針にしました。どれぐらいでク リアできるかと言うのは想定していませんが、三時間ぐらいでクリアできたらいいなぁと感じ。
 次に反省していた点として名前ありのNPCが少なかったかな、と。閉鎖的な空間でのお話だったので仕方ない気はしますが、今回は広いところのお話にしたいと思って規模を大きくしています。
 かと言って無駄にロケーションを増やして移動の手間が増えても極めて面倒くさいですし、小さめのワールドマップから目的の場所を選んで移動すると言う方式。

 主人公キャラクターたちは勿論ですが、町や施設にいるキャラクターもゲームを彩る要素の一つなので、増やしすぎない程度に配置したいと思います。

▼2018.02.16▼


 エピソード2で新たに追加したユニットと言う要素ですが、これは早い話が単純にいろいろと纏めた装飾品で す。で、これの名前はソロモン72柱から引用していたのですがようやく72個作り終わりました。所謂コピペ装備で、数字を弄るだけの作業でも数が数だった のでそれはもうすっごく時間が掛かりました。クソ疲れた。個性は出したいけれど正直これだけの数ですとぶっちゃけ無理ですね……。
 一応種類は72個以上ありますのでそこらへんの全モブにレアドロップとして仕込んでいます。手に入ったら装備してみるとかそんな感じで使って貰えたら嬉しいなぁと言う感じ。面倒くさいならクッソ適当なユニットもいくつかありますのでそういうのを使って貰えたら。

▼2018.02.12▼


 こういう創作で悩むのは敵の名前。神話や古代の生物の名前は基本的に武器で使ってしまっているのであまり使いたくない。まぁ使うんですけど。(被りに気をつければいいのですが
 なので直球の名前だったり、画像みたいに厨二病レベルの名前だったりします。
 ぶっちゃけ主人公の名前ですら名前ジェネレーター使っているので、モンスターの名前もそういうの欲しいよね。

▼2018.02.11▼

 ここに来てる友人に関しては僕がフレームアームズガールを凄く、それはもうとてもとても推しているコンテン ツであることはご存知だと思うのですが、このコンテンツはメーカーからも積極的にカスタマイズすることを進めていてスティレットさんの説明書では他社の製 品とのミキシングなんかも紹介されていました。
 流石の僕もそこまで本格的な事はしないんですが普通に遊ぶ際には割りと他社の製品と組み合わせたりして居ます。
(拡大できます)

 右の轟雷が分かり易いもので、右腕の銃はコトブキヤ社のMSGですが左腕はトミーのリトルアーモリーと言う銃のミニチュア(バレットのM82)。いちおう元はfigma向けに作っているそうですが体格が似ているのでFAGにも無理なく持たすことができます。
 架空の銃は決して嫌いではないのですが、それ以上に実銃のほうが好きですのでこういうニッチな商品は結構ありがたいですね。で、このシリーズから4月に大好きなアサルトライフルであるファマスが発売されるそうで……楽しみっすね!

▼2018.02.09▼

 インターネットでいつものように動画を見ていると面白いものを見つけました。それはマルシンと言うメーカーの四駆ガンと言うトチ狂ったもの。(最大級の褒め言葉
 僕の世代ですとフルカウルミニ四駆の直撃世代。と言うかミニ四駆が一番流行った時代に直撃しているので同世代の友人は遊んだことある人間のほうが多いですし、遊んだことがないにしても知らない人間はまず居ないレベルで当時は流行っていました。
 で、これがどう関係するのかと言うとこの四駆ガンはミニ四駆を乗っけれるのです。正確にはそのボディとタイヤを装着できたそうで。こちらの記事とコメントを見ていただければ。(引用に問題ありそうですが)
 作る電動ガンと言うのもなかなかぶっ飛んだ発想ですがそこに他社製品の物を乗っけれるというのも中々ぶっ飛んでますね。
 この時代はアイディア勝負の製品が多数あったような気もしますし、こんな挑戦的な玩具を探してみるのも面白いと思います。今の時代はこういう挑戦的な姿 勢を見れるものは凄く減った気がしますね。寂しい気はしますが今の経済状況的に仕方ないんでしょうか。そもそも現代人があらゆる物に対して価値や意味を求 めがちな気がするので企業としてもこういう物は作りにくいのかも知れませんね。と言うか挑戦的な製品はどうしても失敗したりするイメージが強いのもあるん でしょうけれど。

▼2018.02.07▼

 何日か前に買ったMP7のロングマガジン、書いた通りに死ぬほど安っぽいのですよ。
(クリックorタップで拡大)

 左が何の手も加えていないマガジン、右側が手を加えたもの。こういったプラで一番致命的なのはプラ特有の艶でしょう。艶のせいでどうしても安っぽく見えてしまう。
 それ以前に合わせ目の部分にグロテスクなパーティングラインもありますんでコレも処理しなければなりませんでした。幸い銃にマガジンを刺したら見えるのは下部の部分だけですので塗装は楽でした。塗装は。
(クリックorタップで拡大)

 やっぱり艶を消すだけでもグンとよくなりますね。

▼2018.02.06▼

 なにかしら関心のあることがあったりすると更新率が飛躍的にあがりますね。
 エアソフトガンに置けるサプレッサーの話です。こういったトイガンにおけるサプレッサーは基本的にドレスアップ的な目的のほうが強いのですが、きちんとしたものですとそれなりに音を減らす効果があるようです。
 ガスブローバックガンはガス圧で作動していますのでエアの破裂音よりもスライドやボルトが作動する音のほうが大きく勝るのであまり効果は望めないようです。ですが電動ガンですとバネで作動したピストンが圧縮した空気でBB弾が発射され、大なり小なり銃口部分で空気が破裂して破裂音が発生します。この音が割りと高音の為サプレッサーを装着すると音が低くなり音が伝わり難くなるという話です。特に電動ガンを用いたサバゲーですと周りで誰かしらが発砲している状況が絶えず続くわけですのでそのメカノイズで遠距離が音がとらえ難くなるということですな。
 実際に実銃のサプレッサーも各フィクションのように大きく音を減音する事はほぼ稀で(口径による。主に弾速の問題らしい)、発生する高音を低下させるの が目的だそうです。それも音を小さくすることで隠密性を増すというよりもどちらかと言うと射手の耳を守ったりする目的のほうが強かったりするらしい。そも そも、ゲームで起きる近接戦は現代だと非常に珍しいそうで大体何百メートルか離れて撃ち合いするそうなので相対的に大きくなるそうな。
 ただ面白いことに調べてみると国や州で法律が変わるようで「発生する銃声が減るのは危険で犯罪を助長する可能性を招くために民間では禁止」とする場所も あれば「突然銃声がすると付近の住民を驚かせるために装着することがマナーやモラルになっている」といった場所もありました。
 大きく話が逸れていった気がしますが、僕もアラサーでまじめにオッサンと言われて言い返せない歳になってきていますが、たとえ趣味や好きな事であっても 知らない事は沢山ありますのでそういった事を調べて色々文章を読むのはいくつになっても楽しいものですね。日本では必要のない知識ではありますが知ってお いて損をするわけじゃありませんしね。

▼2018.02.05▼

 前回言ってたサプレッサーとマガジンを装着した状態がこちら。
(クリックorタップで拡大)

 やっぱりMP7はロングマガジンだーって感じがしますね。サプレッサーは見切れてますが短いものでコンパクトなMP7には凄くぴったりです。
 さて、このロングマガジンなんですがオール樹脂でそれはもう軽いです。安っぽさもありますね。まぁ使えるのでいいのですが。前情報通りスプリングのテン ションがきついのか100連と言うよりは80連ですね。軽いですし、何本も持って苦にならないのであまり問題点には感じませんね。6本で5000円ちょっ とでひとつ1000円もしないと考えると充分すぎる気がします。
 では一番の問題はなんなのだと言うとマガジンを入れ替える際に本マガジンは自重で落下しないと言う点でしょうか。軽い故の問題ですね。
(クリックorタップで拡大)

※左が削ったもので右が手を加えていないもの
 ちょっと見づらくて大変恐縮です。
 自分で確認したところでは赤丸の部分が問題のようでした。どうやらこれが大きくて自重では落下してこないようです。黄丸の部分が大きく干渉しているようなのでヤスリで数回削るとあっさり落下してくるようになりました。
 ただ純正のマガジンですとスルンっと落ちてくるところ、この雑な加工だとポトンっと落ちてくる感じでその落ち方に違和感を感じてしまいますね。とりあえ ず、と言う対処方法ではありますが簡単で効果てきめん。ただし、おそらくと言うか間違いなく削りすぎるとそもそも保持できなくなる恐れがあるのでやりすぎ には注意です。

▼2018.02.04▼

 ついに二月となりました。早いものです。先月は比較的更新していたほうだと思うので今月も頑張っていきたいところ。
 前回の更新で「サプレッサーを買った」と書きましたがようやく届きました。メルカリの取引は本当に早い人と遅い人で別れますね。
 で、サプレッサーをつけるのは標準にハイダーから付属しているアタッチメントでつけることが出来るのですが、なんとこのアタッチメント、不具合持ちで不具合持ちのものでした。当然あちらの不都合なんで無料で対応しては貰えるんですが折角届いたのに使えないなんて生殺しじゃないですか。なんで買いましたよ。社外品のアタッチメント。その日のうちに日本橋に行ってきてやりましたよ。
 その際にスペアマガジンを買おうとして社外品のマガジンを探していました。(マルイ純正のマガジンはあんまり評判がよろしくなかった)その際にお店の人 に聞いたけどマルイ純正しかありませんでした。なんでも単純に他の機種に比べると人気はないらしい。MP5と倍近くの売り上げの差があるらしい。え え……。
 まぁインターネットとは便利なのでアマゾンで買うことにしました。……6本単位でしたけど!